INFO

© Hikita Chisato

香港の食堂のまかないとおはしのある風景

一人で食べるより、大勢で食べた方がおいしいだろう。飲食店の店員たちが賄いを食べるときだってそうだ。ホールのテーブルに次々と大皿を並べ、手が空いた人から順番におはしを伸ばす。みんなと一緒に丸くなって食べる人も、少し離れた席につく人も、思い思い好きなように。隣のテーブルにはお客さん。追加のオーダーが入れば誰かが立ち上がる。混雑する時間を避けてくるのだから、お客さんもたいていのんびりしている。(2019.5.12の日記)